横手人形

沿革

昭和21年
修業期間を経て、創業者の横手鶴吉が農業の傍ら人形製造を始める
昭和23年
本格的に、人形製造を開始する
昭和26年
作号を光鶴(こうかく)作と決定、破魔弓の製造を中心とした製造販売を、開始する
昭和48年
創業者の横手鶴吉を代表として、「株式会社横手人形」を設立
昭和51年
現在の青梅店を、前年度に購入した土地に建設
昭和58年
創業者の横手鶴吉の死去に伴い、横手勲 先代社長が社長に就任、二代目光鶴を襲名する
昭和59年
先代の悲願でもあった破魔弓「八宝寿」の特許申請が受理される
昭和60年
先代社長である横手勲が、「節句人形工芸士」に認定
昭和61年
本社工場の増設
昭和62年
青梅店のリニューアルオープン
平成2年
本社事務所拡張、本社展示場増設
平成7年
プレハブ倉庫増設(東側)
平成8年
プレハブ倉庫増設(西側)
平成20年
「節句人形アドバイザー」に、スタッフ3名が認定される
平成21年
まるひろ百貨店 入間店に出店
青梅店の改装工事・リニューアルオープン
平成22年
本社休憩室増築
平成23年
専務取締役の横手則和が社長に就任、三代目光鶴を襲名する
  • 初代光鶴

  • 二代目光鶴

  • 二代目光鶴襲名当時の青梅店の外観

  • 当時から続く破魔弓制作の様子

ページの先頭へ